スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

No Music No Life!

こんにちは!

つい最近、ホイットニー・ヒューストンのボディーガードのテーマ(”えんだ~~~♪イヤ~~~♪”ってやつです)
が、カバー曲だと知ってとても驚いたkiriです!



このところ日本ではカバー曲を集めたアルバムが人気ですね。徳永英明とかJUJUとか、、、

海外でもジョン・レジェンドがソウルなカバーを、あとサンタナがギターのカバーアルバムを出したようです。インディア・アリーとデュエットしてる
While My Guitar Gently Weeps  すごいかっこ良い!!


聞くだけで鳥肌がたっちゃうような曲ってありますよね。

ちょっと前ですが、イギリス?だったかな、オーディション番組でオペラを歌うポール・ポッツという
人の映像は感動しました~!すごいパワーだったな~!

そしてだいぶ前ですが、映画「シティー・オブ・エンジェル」のCMに使われていた
ポーラ・コールのI Don't Want to Wait という曲は今聞いても泣きそうになります。。。この曲サントラには入ってなくて、この一曲のために彼女のアルバムを買いました。


そしてそしてなんと言ってもIZのOver The RAINBOW!
なんとも切ない気持ちになる曲ですね~~♪


あとつい最近、斉藤由貴の悲しみよこんにちはを20年ぶりくらいに聞いて
泣きそうになりました。。。めぞん一刻、、、好きだったな~~



本当はここからトロンが新しくなって公開してますね、って映画の話に続けようと思ったんですが
なんだか長くなってしまいました・・・まだまだ書きたりないけど、





置いといて・・・マウイのロイヤル・ラハイナ・リゾートでの朝食。

pic C 001



pic C 002



pic C 003



pic C 005



pic C 009
僕達が頼んだJTBのツアーには朝食ブッフェが付いていました。

普通にお客さんとして食べると2人で$40!とてもとても・・・

そう言えばこのレストランではサインのほかにシグネチャーというものを要求され、
その時は全然意味がわからずパニックになったなあ。。。

が、嫁の機転で回避!  ”署名じゃなかったっけ?とりあえず名前書いてみれば ”と言われ、なんとか乗り切れました。




ここでのもうひとつの思い出といえば、二日目だったかな?

シェフの気まぐれオムレツが焼けるのをニコニコしながら待っていると、

後ろ方のテーブルから大きな声の英語が聞こえてきました。その時はそんなに気にならなかったんですが、

僕がオムレツと他の料理を持って自分の場所に向かおうと歩き出すと、先ほどのテーブルで怒鳴り声が!

イスに座って怒られてるのは20代と思しき若い女性のお客さん、怒鳴ってるのはなんとレストランの従業員のおばさん2人!!


僕には興奮状態のおばさんの英語を理解する事はとうてい出来ず、いったい何が起こってるのかわかりませんでした。。。

散々怒って、首をふりふり去って行くおばさんとすれ違って、自分のテーブルに向かおうとする時

チラッと見てみると、その女性が僕のほうを今にも泣きそうな顔で見てるんです。


あの顔は今でも忘れられない・・・目に涙をためて、子供のような顔で僕に何かを訴えてる!!

その女性のテーブルには手をつけてないいくつもの料理が並んでたのがなぜか印象に残ってます。



しかし僕も嫁も英語は全然だし、話を聞いてあげることも出来ない・・・そもそもなぜ怒られてたのか全くわからないんですから。。。もしかしたら本当は彼女が悪いのかもしれない。。。

目が合った瞬間にそんな事をパラパラと考えてましたが、僕は軽く会釈して通り過ぎました。。。
何も出来ないな、関係ないな、と思ったんです。


pic C 007
でももしかしたら話くらい聞けたかもしれない、、、いや!それも余計なお世話かも、、、なんて今でも思います。。。

英語が出来ないからって言い訳にしましたが、そんなのわかりませんもんね。
彼女、日本語ぺらぺらだったかも・・・

う~~ん、朝っぱらからなんだったんだろうな~

今でも気になるマウイでの出来事です。


スポンサーサイト
in 神奈川 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2010/10/27 17:13
コメント
またまた釣られました。
そうです、ホイットニーの例のヒット曲は、ドリーパートンのカントリーソングをカバーしたものなんですよ。ドリーパートンといえば昔「9時から5時まで」っていうコメディ映画にも出演してた、ポッチャリで、キュートな声を出すカントリーシンガーです。映画「ボディ・ガード」の中では、たしかホイットニーが(ケビン・コスナーもいたかな?)バーみたいなとこで、このI Will Always Love Youを女性歌手が演奏している姿を見ているシーンがありました。そっちはドリーのオリジナルに近かった記憶があります。
ちなみに「9時から5時まで」の主題歌は、あのシーナ・イーストンの「9to5(morning train)」で、ドリーパートンもその前に「9 to5」ってタイトルの曲を歌っていた為、アメリカではmorning trainってタイトルにしたって聞いいた事あります。
私シーナ・イーストンも結構好きでした。ただ当初出てたタカラ缶酎ハイのCMは、なんだか違和感ありましたね(笑)。
umeさま
むむむ!マニアック!!(笑)いつもながらumeさんの知識の幅の広さには驚かされますv-411
ドリーパートンという人なんですね。カントリーソングだったというのもびっくりしました。。。
ちょっと調べてみたら、カントリーとかI Will Always Love Youとかいうのとはかけ離れた感じの雰囲気をお持ちの女性で・・・(笑)カッコ良いですね!

morning trainっていうとシーナイーストンの代表曲ってイメージがあります。なんだかとても明るい気持ちになる、80`sって感じの良い曲ですよね~v-398
シーナイーストンもとても可愛い曲が多いのに、ジャケットの写真とかはクールなものが多いですよね。
クールというか・・・デュランデュランみたいなメイクと言うか・・・流行だったんでしょうね。
僕が持ってるノーランズのCDにも、すごい肩パットとデュランメイクのメンバーが載っていて、その写真は個人的にとても気に入ってます(笑)
あら。またなつかしぃ曲が。
(”えんだ~~~♪イヤ~~~♪”)って、笑える。
流行りましたねぇ、そして、見に行きました映画。

バイキング、ついつい食べ過ぎちゃいますよね。
怒っていた従業員はけっきょくなんだたのかな。
手付かずに残していた料理に怒っていたのかな?
若い旅行客のマナーも悪いよね。
海外に行くと、多少の英会話ができると
いいのにって、ほんと思いますよね。(^^;)
くろすけさま
懐かしいですよね~♪
あの曲はホイットニー・ヒューストンの代表曲だと思っているので、ちょっとびっくりしました。
でもさすが全盛期のホイットニー!完全に自分の曲にしてますよね~v-219
最近やっとボビー・ブラウンの呪縛から(笑)解き放たれて完全復活したみたいですね。
また良い曲をどんどん出してもらいたいです。楽しみですねv-411

本当に英語がもっと出来れば・・・と思います。
日本ではなかなか店員に怒鳴りつけられるお客さん、って構図は見ないので驚きました。。。
なんだか泣きそうになってて可哀想でしたけど、真相は藪の中・・・
でも気持ちの良い早朝からはやめて欲しかったです(笑)

管理者のみに表示
« KID STAR 2 | HOME | Li &Li »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。